神学校

― 主の十字架神学校 ―

主の十字架クリスチャンセンターでは、神学校を開講しています。
神学生になるには入学試験があります。
また、聴講生も随時受け付けております

通信制の生徒も募集しております。

開講科目:
男子牧会学、女子牧会学、海外宣教学Ⅰ・Ⅱ 神のしもべの聞き従い
聖書の基本的教理、新約概論、旧約概論、感謝と賛美、英会話、世界教会史、 黙示録 等

ご入学希望の方は北エルサレム教会へお問い合わせ下さい。

< 募 集 要 項 >

~ 受講資格 ~
新生した献身したクリスチャン

~ 開講科目 ~
男子牧会学、女子牧会学、海外宣教学、神のしもべの聞き従い
聖書の基本的教理、新約概論、旧約概論、感謝と賛美、英会話


~ 講師 ~
教科別に様々な個性豊かな講師がおります。

~ 授業料 ~
入学金 25,000円
授業料 前期・後期 各40,000円
聴講料 1科目につき、前期・後期 各15,000円

~ 単位 ~
1.単位は、出席が2/3以上あり、所定の試験・レポート等で及第点を取った方に認められます。
2.「海外宣教学2」の単位は「海外宣教学1」の単位が取れなかった場合は認められません。

「預言を学びたい方へ」

主の十字架神学校では、預言を学ぶカリキュラムもあります。
神学校卒業にはこのクラスの初級に合格している必要があります。

この学びは聖霊の賜物、特に預言の賜物の学びと訓練を行うクラスです。
このクラスの目的は次のとおりです。
1.聖霊の賜物、特に預言を聖書的に用いる土台
2.カリスマについて教えられるように(説明できるように)
3.カリスマについての質問に正しく答えられるように
4.預言の実践をできるように

日本のキリスト教会は、一般的にカリスマに対して否定的なところが多く 特に預言に関してはそんなものはないといわれているところもありますが、聖書では 「愛を追い求めなさい。また、御霊の賜物、特に預言することを熱心に求めなさい。」 (コリント人への手紙第一 14:1) と書かれており、教会が御霊の賜物、とくに預言を求めるように勧めています。

わたしたちの教会では、福音・宣教などの神の働きのために、 また終末のリバイバルの備えとしてカリスマ、聖霊の賜物を実践しています。

今までの教会の流れの中で実際に、預言で語られた神のことばによって始まった働きが多くあり また教えや指針、警告、予知予告などあらゆるところで 預言は神の働きに用いられ、重要な役割を担っています。
以前から教会にはカリスマの働きをすすめていくようにと語られていますが 預言者学校もそうした流れの中で神のことばを与えられ 1997年9月主の十字架クリスチャンセンター キリストの町教会(現 東京アンテオケ教会)で始まりました。 開校当初生徒数は約50名程でしたが、学期を追うごとに参加者は増え 2000年5月現在では約100名を越す方々が学びをされています。 また、全国各教会でも行なわれております。
賜物の働きや預言について関心のある方、学びたいと思われている方はぜひ気軽に参加してみて下さい。


~ 旭川校の預言者学校ご案内 ~
旭川校 (連絡先 北エルサレム教会 パウロ北野牧師)

ページのトップへ戻る